おすそわけ

僕は幸せです。幸せなのでおすそわけしてあげます。

DYLONを使って服を染めてみました

 

後で画像追加します

 

  • 好きな服が色あせてきた
  • 好きな形なんだけど色が微妙な服がある
  • 飽きてきた服がある

なんてこと、ありますよね

 

そんなあなたに朗報です

 

DYLON premium dyeを使って

自分で服を好きな色に染めてみませんか?

 

えーでも難しいんじゃないの…?

とか思ってるそこのあなた、安心してください。

とても簡単です!この僕ですら出来ますから!

 

繊維250gを染めるために必要なものは

  • DYLON premium dye(繊維用染料) 1袋 約700円
  • バケツ(容量が10LほどあればOK) 108円
  • 塩 250g 約100円(?)
  • ゴム手袋 約400円
  • 500〜1500mLのペットボトル(あると便利)
  • 40℃ほどのお湯
  • すすぎ用の水

これだけです!!

所要時間は1時間半〜2時間ですかね

予算も上記を基に単純計算すると1300円程度

ちなみに繊維250gというのは約Tシャツ2枚分らしいです、インナーであれば二着分とでも思えば良いと思います!

 

あ、でもポリエステルは染まりません

僕が初めて服を染めた時ポリエステルが原料の殆どを占めている服を使用したので、全く染まりませんでした…

ポリエステルに関しては染まりにくい、のではなく染まらないので、要注意です!!

 

あとね、仙台にお住いのあなたにはとっても朗報

僕が実際に仙台駅周辺で必要なものが揃えたので、僕の真似をすればいいだけ!!

どこで揃えれば良いかというと〜

  • DYLON premium dye:東急ハンズ
  • 10L目盛付バケツ:イービーンズの100円ショップ
  • ゴム手袋:どこにでも売ってんだろ!!
  • 塩:知らねえよ!!自分で揃えろ!!

という感じですね。ほら駅前で揃った!

あ、ちなみに僕はゴム手袋を家の近くのホームセンターで、塩を家の近くのヨークベニマルで買いました…

 

とにかく手軽に準備ができます

 

じゃあ簡単に手順を紹介しますね

  1. 染めたい服を洗っておく。この際に柔軟剤は使わないでください。洗ってあれば濡らす、洗った場合は洗い終わったまま濡れたままでOK!
  2. お湯500mLにDYLON premium dyeを一袋溶かす。オススメは500〜1500mLのペットボトルにお湯と染料を入れてシャカシャカですね。確実に混ざります。ペットボトル内に染料が残るのが気になる場合は少なめのお湯で一回やってから何回かすすげばいいと思います。自分で工夫しろ。
  3. バケツに6L、40℃のお湯を用意する。お湯の温度は40℃以上なら大丈夫。そこに塩250gを溶かす。ちなみに僕は浴槽にバケツを置いてやりました。壁などに染料が飛び散ると問題ない程度ですが少し染まっちゃいます。それが嫌な人は違うところでやってください。僕は賃貸住宅の浴槽でやりましたし、浴槽に少し色がつきました。でも!きっと大丈夫!!
  4. 2と3を混ぜる。大事な行程です。しっかり混ぜてください。
  5. 4に染めたい繊維を入れて、15分ほど搔き回し続ける。恐らくこの操作が一番大事だとおもう。しっかり染み込ませるつもりで服を染料の中で揉み揉みするといいのかも。一番大事と言っておきながら僕は10分ほどしか揉み込んでません。
  6. 45分放置する。時々掻き回さないとムラが出やすくなるらしい。僕は20分経過後に一回だけ搔き回しました。この時お湯の温度が低下する可能性があるので、僕は浴槽にお湯を張って、バケツをその中に置いてました。温度を維持する必要があるかどうかは定かではないですが、一応参考に。
  7. 繊維を取り出してよく水洗いし、乾燥させる。これで染色完了!!

 

手間はかかりますが、難しい操作は全然ありませんね

どう?簡単でしょ??

 

ちなみに染色後に残った、染料入りのお湯で染色は可能かどうかという疑問を持ったあなたへ

多分無理ですね、もし出来てもかなり薄くなります

手順の6からどうでもいいTシャツを放り込んで比較してみましたが、全然染まりませんでした

染めたい繊維は手順の5から浸しておく必要があるということ、みたい、だなあ?

 

 

染色自体は上の手順に従ってやってもらえればうまくいくと思います

そしてそして、

もし、染色後の色移りや色落ちが気になるなら、

DYLONが出しているカラーストップを使用すればいいでしょう

 

これまたやり方は簡単

  1. カラーストップ(液状)をバケツにあける。結構トロトロしてるのでこぼさないように!
  2. 40℃〜のお湯をバケツに張り、よくかき混ぜる。お湯の量は服が浸ればいい。
  3. 濡らした服を2のバケツに入れてかき混ぜ、よく薬剤を染み込ませたら15分放置。
  4. 水ですすぎ洗いして乾燥させる。終了。

 

カラーストップの価格は確か約400円ですね

そして繊維1kgに対して1袋です。だから上に書いた通りにやるなら、染色操作4回分に相当しますね

僕は細かいことは気にせず1回分の操作にカラーストップ1袋使いました

こちらも手順はとても簡単だし低価格だし、余裕があればやるに越したことはないでしょう

ちなみにカラーストップ使用後に洗濯をしてないので、まだ色移りなどしないかはまだ確かめられてはないです…

追記:他の物と一緒に洗っても色移りなどしませんでした!!!また、参考に僕が染めた服を載せておきます。

 

f:id:readmau5:20180118121350j:image

それぞれの元の色は

シャツが水色、

スウェットが灰色です!

オリーブグリーンで染めました!

 

 

とまあこんな感じで、

割と低価格で好きな色に染色できる

どうです?魅力的ではないですか?

 

繰り返しますが

ポリエステルは染められません

僕はdickiesを染めようとしましたが無理でした

萎えました

あなたには萎えて欲しくない

服の原料チェックを忘れずに!

 

 

楽しいですよ

暇な時にやってみてくださいな